保険営業で成功するには、セールススキルと同様にメンタルスキルも必要です。
保険営業に携わる人の営業成績向上のヒントを提供しています

保険営業紹介獲得の極意
 これで『見込み客がいない』とは言わせない!

 保険営業紹介獲得の極意


保険営業成功の黄金律
 売れないセールスがハマっている落とし穴
 保険営業のツボとコツ

  保険営業成功の黄金律

smallshohinbannerm.gif
  売れずに辞める寸前だった保険営業を救った
  P生命所長の手法が講座になった!

  保険営業収入倍増特別講座




booksmallimage.JPG  これを知らずして生保営業転職を検討するべからず

  生保営業転職読本

2007年05月08日

ホームランゾーン

「保険営業で成功する」ブログへ今日も来ていただきありがとうございます。

この記事がお役に立てれば幸いです。

保険業界で頑張る人の保険ブログランキングはこちらから


最近プロ野球中継で、

バッターがストライクゾーンのうちで、

よくヒットを打っているコースと凡打に終わるコースを

色分けして、画面表示しているのをよく見るように

なりました。


これを見ると、

「このバッターは、真ん中とインコースの高めが強い」

とか

「このバッターは、アウトコースの低めが弱い」

というのがよく解ります。


バッターによって得意なコースと不得意なコースが違って

面白いです。


生命保険の営業でも、お客様のタイプによって、

得意・不得意があるのではないでしょうか?


ちなみに私は、30代・40代のファミリーは得意でしたが、

特に初期の頃は、20代の独身が苦手でした。

経験を積んでいくうちに、20代独身も守備範囲にし、

相続・事業承継などもどんどん守備範囲にしていきました。


まだ、生保営業を始めて時間が経っていない方は、

「このタイプならほぼ契約にもっていける」

という自分の「ホームランゾーン」を早急に確立すると

営業成績も安定してくると思います。


ある程度経験を積まれた方は、是非「ホームランゾーン」の

範囲を拡げましょう。


一気に拡げるのは難しいので、

「今期は、このタイプを攻略しよう」

というように、ターゲットを決めるとよいと思います。


このようにして何年か経てば、

契約をとれる範囲がかなり広がり、それに応じた

営業成績が挙げられるようになるはずです。



今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今日の記事がお役に立てれば幸いです。

ご質問・ご相談・コメント大歓迎こちらまでどうぞ!


保険ブログランキングも参考にしてみてくださいね
posted by 生保営業応援団 at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 生命保険営業〜ヒント・アイディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41175609
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。